様々なメディアについて

様々なメディアがあります

様々なメディアがありますので、しっかりとそれらの特徴を理解して利用することです。
代表的なメディアとしてはテレビ、新聞、ラジオがあります。
日本のこうしたメディアは中立、中道を気取っていますが、間違いなく思想は寄っています。
左に寄っているのか、右に寄っているのか、ということはメディアによって違いますから、よくよく注意して利用することが必要です。
インターネットならば比較的に中立性を保つことができますので、現在、最も良い情報源はインターネットであると言えます。
但し、インターネットはかなり能動的なメディアであり、自分で調べる必要があります。
そして、得てして自分で調べようとすることは自分にとって良い情報であることが多いのです。
つまり、自分に都合が良いことにばかり眼がいくことになります。
これは非常に問題がありますから、インターネットを利用する時には十分に注意することです。
メディアというものは、淡々と事実のみを伝えることが求められていますが、それを実行することは事実上、不可能です。
スポンサーがいますし、自分たちのメリットがある情報ならばそちらを優先させるからです。
メディアも企業なのですから、利潤を追求する必要があるのです。
しかし、いなければいないで困るものであることも確かであり、利用する側がある程度、そうしたことを理解しておけば、特に問題なく利用することが出来ます。
必ず情報にはベクトルが掛かっていると覚悟して、情報を受け取るのです。
そして自分でベクトルを修正すればそれなりに中立な情報源として十分に活用することが出来ます。
また、インターネットの素晴らしいところは、一般人が情報の発信源となることができるところです。
今は携帯電話にカメラがついていますし、動画も撮れますので、事件の現場にいた一般人が情報を発信できるようになっているのです。
そうした人たちは自分たちの思想を加えて情報を発信しませんから、かなり中立的です。